読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年にやりたいこと

なるべくMacを使わず、iPadを使って生活する

年末に新しいMacBook Proを買ったばかりだけど、今年はもっとiPad(またはタブレット)を活用して生きていきたい。

去年の夏くらいから、タブレットの便利さに気がつき始めた。ノートを開くより手軽に使い始められて、省スペースで使える。バックグラウンド処理が限られている分、バッテリーの持ちも良いし、最近のタブレットは液晶の質も良いから使っていて気持ちが良い。

はじめは、ちょっとしたブラウジングの時に使う程度だったが、写真の編集とかも、やり始めてみると結構快適だ。キーボードを使わない作業に関しては、タブレットで作業するスタイルが大分気に入ってきた。

周りを見ると、IT業界の人間ほどタブレットをあまり好き好んで使っておらず、逆にIT業界から遠い業界の人ほど、タブレットを自然に使っているような気がした。もしかしたら、ガジェット好きな人間ほどタブレットに対する期待が低くなっているのかもしれない。僕自身、初代iPadに飛びついて、処理性能的な限界と物理的な重さなどから、長いことタブレットに興味がない状態が続いていた。

最近、BitriseというCIサービスを試していて、UIがスマホ/タブレットから快適に操作できるようになっていることに大きな感銘を受けた。スマホ/タブレット上からCIの設定を行って、テストやビルドを走らせることができるとなると、いよいよPC/Macがなくても仕事をできる時代が近づいてきているなと、ワクワクしてくる。未来はこっちにありそうな気がする。

2017年は、まず自分が積極的にタブレットを使い、その上で欲しいツールを作っていきたいと思う。

なるべく音声入力・操作を使う

2016年はタブレットの可能性とあわせて、音声入力の可能性を感じた一年でもあった。Deep Learningの台頭などもあり、Apple製品にしろGoogle製品にしろ、音声入力(と文字変換)の精度がえらく向上しているのを感じたし、Google翻訳の改良のニュースなどを見ていても、この分野の進化はしばらく続くと思う。

スマホタブレットは進化してきているが、相変わらずPC/Macに比べれば文字入力は煩わしい。Apple TVのリモコンでの文字入力は特にストレスが溜まる。そんな中で音声入力の便利さに気がついた。想像以上に音声入力の精度が高く、Siriも賢くなってきているので、昔ほどはっきり・命令調で話さなくても意図した操作・入力ができるようになった。

これだけ電子機器に囲まれて生活をしていると、どうしても目が疲れるので、画面を見ないで操作できる音声入力というのはとてもありがたい。他人がいる場所では使いにくい、という問題もあるが、それにしても音声入力の便利さも過小評価されているような気がしている。

なので、2017年はなるべく音声入力・操作を使い、やはり足りないものがあったら何か作ってみたいと思う。

機械学習/AIについて

2016年は、何かと機械学習/AIの話題が多かったので、少しだけ勉強したりいじってみたが、正直なところ、どうもそこから作りたいものが見えてこなかったので、自分のものにできていない。唯一、自分自身が機械学習/AIを使いたい場面があるすれば、スマホ/タブレット/AppleTVのアプリのUI/UXの最適化の部分だと思う。

話が戻るが、今後世の中は、細かい入力や指定を行いたい場面ではPC/Macを、それ以外の場面ではスマホ/タブレット/TVなどを使うスタイルに移行していくと思う。その中で、スマホタブレットで大雑把な入力でも意図した通りの結果を得られるような体験を作るためには、「ユーザが何をしたいのか」を推測して提案することで、入力を補間する仕組みがすごく重要だと思っている。この予測で、機械学習/AIを活用できる場面があると思うので、一つくらい、これを使ったUIを作ってみたい気がしている。

趣味を楽しむ

ホリエモンの本にも書かれていたし、キングコング西野さんもブログに書いていたけど、好きなことを持てるかどうかは今後の働き方を考える上ですごく重要なことな気がしている。もともとこのブログも、自分が好きなものを、書きながら探していくために始めたものだ。

この数年熱中できる趣味が見つからない悲しさを感じているので、今年はもっと積極的に熱中できるものを探したい。同時に、数少ない趣味と言えるようなものを、積極的に楽しんでいきたいし、やることが色々出てくる中で、趣味こそ効率的に楽しめる仕組みを用意したい。

車載動画の編集ツールを作る

最近の数少ない趣味の一つ、車載動画。見るのも好きだし、撮るのも好きだ。しかし、動画編集は結構時間がかかる。汎用的な映像編集ソフトを使って編集をすると、創造的ではない手間が多いし、レンダリングの待ち時間も長いので、これをなくしてもっと楽しい部分だけ楽しめるような仕組みを作りたいと思う。

せっかくなので、ただ一人黙々と作って使うだけじゃなくて、ニコニコ動画あたりに制作過程を投稿して、面白く作っていけたらいいなと思っている。